ラ・シルフィード
La sylphide


くるみ割り人形のあらすじtop

スコットランドを舞台にシルフィード(妖精)と青年の結ばれない恋を描いた物語

第一幕

スコットランドの農村、婚約者エフィーとの結婚式を控えた村の男ジェームス。

そこへ森の妖精シルフィードが現れ、魅惑的な踊りでジェームスを魅了する。
親戚や友人たちが祝福に訪れるが、エフィーを愛するゴーンは彼女を諦められない。

占い師マッジは、エフィーに「幸福な結婚をするが相手はジェームスではなくガーンである」と告げ、怒ったジェームスによって追い出される。

村の人々が式の準備に出かけ、ジェームスは一人になった。そこへ再びシルフィードが現れ、結婚を知ると嘆き悲しみながら愛を告白する。

やがて結婚式が行われるが、シルフィードが指輪を奪い去り、ジェームスは彼女を追って森へ行く。

第二幕

ジェームスはシルフィードを追うが、妖精の体に触れることができない。

想いが募ったジェームスは、占い師マッジに頼み、肩にかけると飛べなくなるというショールをもらい受ける。
しかしそれは呪いのショールだった。
そうとは知らず、ジェームスはシルフィードの肩に呪いのショールをかけてしまう。
シルフィードの背中の羽は落ち、もがき苦しみならがも、ジェームスへの愛に後悔はないと告げ、シルフィードは力尽きた。
そこへエフィーとガーンの結婚式の鐘が響き渡る。

すべてを失ったジェームスは嘆き、静かに息絶えたのだった。

登場人物

シルフィード/ラ・シルフィードシルフィード
ジェームズ/ラ・シルフィードジェームズ
エフィ/ラ・シルフィードエフィ
ガーン/ラ・シルフィードガーン
友人たち/ラ・シルフィード友人たち

動画で紹介


新国立劇場バレエ団の「ラ・シルフィード」の映像です。
新国立劇場バレエ団の華やかで素晴らしいバレエをぜひ体験してください!

新国立劇場バレエ団のホームページはこちら

サンプルデザイン

ラ・シルフィード1|バレエ発表会のプログラムのデザインサンプル|ムースタジオ
ラ・シルフィード 1
ラ・シルフィード2|バレエ発表会のプログラムのデザインサンプル|ムースタジオ
ラ・シルフィード 2
ラ・シルフィード3|バレエ発表会のプログラムのデザインサンプル|ムースタジオ
ラ・シルフィード 3

copyrightc mwstudio all rights reserved.