本文へスキップ

バレエ教室の経営相談窓口

MAIL : ballet@mwstudio.jp TEL:090-7390-5723

〒810-0064 福岡県福岡市中央区地行 2-15-9-205



バレエ教室経営の無料相談窓口

少子化、ヒップホップダンスの義務教育化、習い事の多様化などの影響もありバレエ教室経営も以前と比べると厳しい時代になりました。そんな時代の中、バレエ教室の経営に携わる皆様方の日々の努力のもと、ムースタジオも成り立っております。少しでもバレエ教室様のお役に立つ為にムースタジオでは無料で相談窓口を設けました。バレエの専門的な知識以外のビジネス視点からの客観的な改善点をご提案させて頂きます。
教室経営におけるお困り事を共有していただく事で、一緒に考え解決し、サービス品質の向上、バレエ業界の発展に貢献したいと考えております。
ムースタジオを利用したことがある方、無い方、問わずお気軽にご相談くださいませ。

経営するということはビジネス

バレエ教室の経営をビジネスと認識することが教室継続のポイントです。バレエスキルと同様にビジネススキルがとても重要となります。
ビジネスとは収益を増やすことです。収益を増やすためには2通りの方法しかありません。

  • 売上を増やす
  • 経費を減らす

売上を増やす

“売上げを増やす”という事は生徒数を増やすという事と同義です。
生徒数と比例する売上を確保し、ビジネスとして成立させることでより良い経営環境が生まれ、結果的にバレエ人口が増え、バレエ業界の発展に繫がります。
レッスン内容やスタジオの評判、つまり口コミで生徒数が増えることが最も望ましいですが、その口コミを発信する生徒様を確保しないことには意味をなしません。

ビジネスには広告や宣伝等、より多くの人に知ってもらうことが必要不可欠です。多くの方々にバレエ教室の存在を知ってもらうこと、つまり宣伝が重要です。

現在ではスマホやパソコンの普及に伴い、フェイスブックホームページなどWEBによる宣伝が主流です。そんな中でも“フェイスブックのアカウント”&“ホームページ”この2つを同時に使うのが効果的です。

フェイスブックは無料なので絶対に活用するべきです。ただフェイスブックだけでは宣伝できる内容、情報量も限定されるので、教室のホームページへ誘引するツールとして利用し、本当に伝えたいことはホームページで伝えるのがベストです。

そしてフェイスブックで重要なのは“常に情報を発信すること”、ホームページで重要なのは“コンセプト”です。
生徒様やその親御様はレッスン料金やスケジュールよりもレッスンの模様やコンセプト、スタジオの方針を重視します。

  • 情報発信
    日頃のレッスン風景や日常の感じたことなどをフェイスブックで発信することで、自ずと教室の雰囲気を見て取ることが可能となります。 また、ホームページへ訪れるきっかけを増やすことができます。
  • コンセプト
    ・なぜバレエ教室を開業したのか?
    ・どういう想いで教室を運営しているのか?
    ・バレエを教えることで生徒様に何を伝えたいのか?
    ・そのために何を心がけているのか?
    そしてそれらにストーリー性を持たせることで、その教室の方針により共感し、安心して入会することが出来ます。

経費を減らす

生徒数を維持しながら、経費を減らすことで収益が増えます。
スタジオの家賃交渉や運営にかかるランニングコストの軽減、発表会の経費削減など...
日々の経費の内訳を見直すことで合理的、効率的に経営することができます。


以上、内容の一部ではございますが、それ以外にもWEBのテクニカルな部分など様々な課題についてムースタジオでは経営者・主宰者様と共に考え、解決できるよう、できる限りのアドバイスを無料で行います。
ムースタジオを利用したことがある方、無い方もお気軽にご相談ください。


お問い合わせ先

ムースタジオ
MAIL : ballet@mwstudio.jp
 TEL: 090-7390-5723
〒810-0073 福岡県福岡市中央区舞鶴2-8-6-2F
代表 今村 昌隆